読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヾノ*>ㅅ<)ノシ帳

技術ブログに見せかけて、ジャンル制限のないふりーだむなブログです。

NUCLEO-L152REにわざわざST-Link v2を接続してOpenOCDで接続してみた

NUCLEO-L152REにはオンボードでST-Link v2が搭載されているため、ST-Link v2のようなUSB JTAG/SWDデバッガは必要ありません。

akizukidenshi.com

今回はわざわざST-Link v2をデバッガ、NUCLEO-L152REをターゲットとして、OpenOCDを使ってみたいという試みです。 この試みには有益性が全く無いですが、はまりどころがあったのでブログに残しておきます。

OpenOCDはgit版を使っています。

K_atc% openocd -v
Open On-Chip Debugger 0.10.0-dev-00411-g607edef (2016-11-05-14:18)
Licensed under GNU GPL v2
For bug reports, read
    http://openocd.org/doc/doxygen/bugs.html

ピン接続

デバッガ側は、ST-LinkのSTM32と書かれた20ピンを使います。 ピンの割り当ては下の図のようになっています。

f:id:katc:20170424163240p:plain

図は ULINK2 User's Guide: Target Connectors より

Nucleo側はCN2(ST-Link)ピンに刺さっているジャンパーを外して、CN11、CN12に取り付けます。 ジャンパーを無くさないように設計されていてとてもいいですね〜

SWDの場合

f:id:katc:20170424162753p:plain

CN2を上から(USBポートがある方を上にする)ピン1、ピン2、ピン3、ピン4とします。 メスーメスのジャンパーコードを下表の対応関係で接続します。

Nucleo側 ST-Link側
1 1 (VCC)
2 9 (SWCLK)
3 4 (GND)
4 7 (SWDIO)

JTAGの場合(試行中)

CN4を上から(USBポートがある方を上にする)ピン1、ピン2、…、ピン6とします。 メスーメスのジャンパーコードを下表の対応関係で接続します。
※をつけたポートはCN2のポートを使用したほうがいいかもしれないです?(OpenOCDに target voltage may be too low for reliable debugging と怒られてしまう)

Nucleo側 ST-Link側
1 1 (VCC) ※
2 9 (JTCK) ※
3 4 (GND) ※
4 7 (TMS/JDIO) ※
5 3 (nRST)
6 13 (TDO/SWO)

OpenOCD

ダメな接続例:USB電源を2箇所からとる

openocdのどのスクリプトファイルを使えばいいのかわかりませんでした。 最初はオンボードのデバッガに接続してしまわないように、Nucleoの電源は別のPCからとっていました。 そしたらOpenOCDの起動時のチェックで、ターゲットの電圧が0Vだったり1.5V以下だったりしてエラーになりました。 GNDのレベルがST-LinkとNucleoで違うからなんでしょうね。

よい接続例:USBを同じところからとる

2本のUSBを同じPCに接続するということです。

OpenOCDのスクリプトファイル(-fオプションで渡すファイル)を次の要領で作成しました。 ベースのディレクトリはインストール先によって変わるかもしれません。

# openocd -s /usr/share/openocd/scripts -f interface/stlink-v2.cfg -f target/stm32l1.cfg
# でもよい。 [f:id:katc:20170424162753p:plain]
cat /usr/share/openocd/scripts/interface/stlink-v2.cfg /usr/share/openocd/scripts/target/stm32l1.cfg > stlink-v2-stm32l1.cfg

SWD/JTAGのどちらの場合も、cfgファイルが対応しているはずなのにjtagで接続できない…

あとはopenocdコマンドを叩いて、デバッガのランプが緑と赤で交互に点滅したら接続完了です。

[root@K_atc nucleo-l152re]# openocd -f stlink-v2-stm32l1.cfg 
Open On-Chip Debugger 0.10.0-dev-00411-g607edef (2016-11-05-14:18)
Licensed under GNU GPL v2
For bug reports, read
    http://openocd.org/doc/doxygen/bugs.html
Info : auto-selecting first available session transport "hla_swd". To override use 'transport select <transport>'.
adapter speed: 300 kHz
adapter_nsrst_delay: 100
Info : The selected transport took over low-level target control. The results might differ compared to plain JTAG/SWD
none separate
Info : Unable to match requested speed 300 kHz, using 240 kHz
Info : Unable to match requested speed 300 kHz, using 240 kHz
Info : clock speed 240 kHz
Info : STLINK v2 JTAG v27 API v2 SWIM v6 VID 0x0483 PID 0x3748
Info : using stlink api v2
Info : Target voltage: 3.183191
Info : stm32l1.cpu: hardware has 6 breakpoints, 4 watchpoints

参考